初打ちまとめ

『戦国コレクション4』初打ちまとめ

投稿日:

2020年8月17日。『戦国コレクション4』(コナミ)が導入された。

本機は人気機種であった戦コレ2の正統後継機で、純増枚数約10枚と現行機最高峰の出玉性能を誇る。

導入を迎えユーザーはこの出玉性能を体感出来たのか。

機種情報/スペック

本機は1G約純増10枚の高純増AT機。

通常時は1G消化で1コレポイントを獲得し、規定コレポイントに到達するとAT「夢幻の間」へ突入し、10G+αの間に、中断7揃い出現などでAT「夢幻海ラッシュ」へ突入する。

「夢幻海ラッシュ」は1セット20G+α継続し、消化中はレア役によるゲーム数の上乗せや7揃いによるセット数継続ストックが期待でき、継続バトルに勝利すれば次セットへ継続する。

なお、本機は前述した通り純増枚数約10枚である。よって240Gほどで完走することが可能となり出玉スピードが最大のウリと言っても過言ではない機種となっている。

戦コレ4の出玉スピードに歓喜

https://twitter.com/bicpppp/status/1295348753130336256?s=20

やはり現行機最高峰と謳われている純増10枚の出玉スピードは圧巻のようだ。

完走をすることが出来たユーザーも見られ、スピード感にハマるユーザーが増えることが予想される。

また、出玉スピードが速いので閉店前の一勝負にも向いている台とも言えるだろう。

戦コレ4はラッシュ突入率が低すぎる?

https://twitter.com/amy0610yuuki/status/1295217526285012992?s=20

ATのスピード感に注目が集まる一方で、ATの「夢幻の間」の突破率の低さや通常時の退屈さに批判の声が見られた。

このような高純増機が出るたびにリゼロと比較されてしまうが「通常時のつまらなさはリゼロ並み」と辛辣な意見も見られた。

 

通常時や突破率に厳しい声は見られるが、ATの出玉スピードは現行機最高峰である。

そのATを体感さえしてもらえれば過去作同様ホールを支える人気機種になるのではないだろうか。

[公式]

https://www.konami.com/amusement/psm/slot/sengokucollection4/top.html

-初打ちまとめ

Copyright© Pachi-Logos(パチロゴス) , 2022 All Rights Reserved.