最新導入機種

パチンコ・パチスロ動画で新台情報~2019年2月4日~

投稿日:

来週の2019年2月4日はパチスロが1機種しか導入されないという寂しい状況ではあるが、一方のパチンコは設定付きや人気シリーズが続々と登場!
導入前に導入台数や、どんな機種なのかを予習して、お客様にこれらの機種の面白さを是非伝えて頂きたい。

パチンコ

CR CYBORG009 CALL OF JUSTICE (ニューギン)


【約20,000台】
設定付きパチンコや甘デジが多い中、1/319.68のミドルスペックをリリースしてきたのがニューギン。ニューギンだけに傾いているのかもしれないが、置きにいっている最近のホールで暴れてほしいところ。

P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 FSZ設定付 (藤商事)→設定付き

P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 FHX (藤商事)→MAXミドル


【約15,000台】
人気シリーズ「暴れん坊将軍」。前作は幽霊と戦いを繰り広げたが今回の敵は“鬼”になるという。そんな本機からはライトミドルで2段階の設定付きバージョンと、ミドルタイプの2種類が同時リリースされる。因みに暴れん坊将軍シリーズならではのギミックのド派手さは健在!

フィーバー蒼穹のファフナー2 (SANKYO)


【約10,000台】
9年ぶりにリリースされる『蒼穹のファフナー』。大当たり確率1/199の一種二種混合タイプ。RUSH継続率は約80%と爆発力を秘めた台といえるのではないだろうか。そしてユーザーが思わず手汗握るであろう斬新なクルーン演出は必見!

P寄生獣 (SanseiR&D)


【約7,000台】
大当たり確率1/199.8の一種二種混合タイプ。右打ちモード「咲々チャンス」の連チャンループ率は80%となっている。ネット上ではシンフォギアのスペックに似ていると早くも高評価を得ている。

PAドラム海物語IN沖縄 (サンスリー)→設定あり

PAドラム海物語IN沖縄GO (サンスリー)→設定なし


【約5,000台】
もはや海物語シリーズの定番となった「IN沖縄」からも、新規則機第一段となる6段階の設定付きバージョンが登場する。また、PSにおける沖縄の象徴であるハイビスカスの演出は一見の価値あり。

Pロードファラオ~神の一撃~ (豊丸)


【約4,000台】
一撃4,000発が期待できる本機。煽りやド派手なギミックが搭載された機種に比べれば、圧倒的にシンプルな1台。現行機との演出のギャップはあるが、他の追随を許さない出玉感は体感すべき。

ぱちんこ 必殺仕事人 総出陣 (京楽)→設定付き


【約3,000台】
仕事人シリーズで、8年ぶりに甘デジをリリース。本機は6段階の設定付きパチンコ。
そして人気の小当たりラッシュつき。破格な出玉で甘デジとは思えない展開が期待できそうだ。

CRぷらちなGL 麻王DX (西陣)


【約1,000台】
大当たり確率1/67、ST継続率65%、時短継続率59%という遊びやすさを追求したスペック。長く遊技されることを好まれる1パチユーザーにオススメしてみるのもいいかもしれない。

CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!! 123ver. (アムテックス)


【調査中】
1年前にリリースされた本機のライトミドルタイプが登場。大当たり確率1/123.8の確変ループ機。小当たりラッシュで2238個もの出玉が期待できる闘魂みなぎる激アツなライトミドルとなっている。ミドルタイプには搭載されていなかった、本機(『ありがとぉー!!!123ver.』)限定の演出もあるようだ。

【スロット】

ミリオンルーレット (コナミアミューズメント)


【約2,000台】
Aタイプで、ルーレット演出が目を引く機種。3つのボタンを一緒に押すことができるという一風変わった仕様になっている。ある条件を満たしBIGをひくと「グラディウス」や「がんばれゴエモン」といったゲーム音を聞くことができるらしい。

 

2月4日の導入機種は、名機が設定付きパチンコとなって復活する傾向にあるようだ。以前のスペックに馴染んでいたお客様には設定付きパチンコを打つ楽しみ方を。初めて打たれるお客様には復習して得た当時の演出の知識をお伝えすることができれば、稼働につながるかもしれない。

-最新導入機種

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.