パチンコ/パチスロ共通用語 用語辞典

設定

投稿日:2018年9月28日 更新日:

せってい

主にパチスロで使用される用語で、ボーナス成立確率を6段階、もしくは4段階に分けること

ボーナスが一番成立しやすいのは『設定6』、逆にボーナスが一番成立しにくいのは『設定1』

簡単に言えば、設定6だとプラス収支、もしくは事故る可能性が高く、『設定1』の場合はマイナス収支になってしまう可能性が高い。

一般的に設定6や5は高設定、1や2は低設定と言われ、中でもパチンコホール内のパチスロ台がほぼ低設定だと推測できる場合は“ベタピン”と言われる。

因みに高設定(設定6や5)の台は、旧イベや以前のライターイベントなどが催される場合、通常時より多く設置されていたと言われている。

中小のパチンコホールでは稼働率などをあげるために、パチスロのコンサルである設定師に設定などの指南をうけ、運営をすることもある。

昨今ではパチンコにも設定が搭載されるようになった。

【関連用語】

設定キー 設定師 ベタピン 設定はいってる こぜ6

-パチンコ/パチスロ共通用語, 用語辞典

Copyright© Pachi-Logos , 2020 All Rights Reserved.