パチンコ用語 用語辞典

遊パチ

投稿日:2018年10月4日 更新日:

ゆうぱち

『手軽に安く遊べるパチンコ・パチスロ運営委員会』によって定められた「遊びやすいパチンコ」を意味する言葉。

定義は「5,000円でおおむね2時間程度遊技可能な機種」。

なので、大当たり確率1/100前後の甘デジや羽根物、比較的投資金額が控えめなパロットやパチスロも「遊パチ」という。

パチンコの場合、ミドルタイプやライトミドルに比べて大当たり確率が高いため、大当たりしやすいが、その分出玉も少なく設定されている。

この遊パチよりも甘く、安心・安全に遊技できる台の総称が“ちょいパチ”で玉持ちが良く遊びやすいスペックだと言われている。

遊パチの時代背景には、2004年にリリースされた爆裂機(低確率・高継続)の射幸性の高さの問題があった。

2006年に内規改定を行い、射幸性を抑えた遊技機が登場し、それが今の「遊パチ」につながっていると言われている。

【関連用語】

甘デジ ちょいパチ 1パチ 5スロ パロット

-パチンコ用語, 用語辞典

Copyright© Pachi-Logos , 2020 All Rights Reserved.