ゆるっとPSにゅーす

新型コロナの影響 変わりつつあるパチンコ・スロットライターや演者

投稿日:2021年2月9日 更新日:

緊急事態宣言をうけて、パチンコ・スロットライターや演者の動きが変わってきている。兎味ペロリナさんや、島田日直さんは取材・イベント時にコロナ対策を反映させて活動をしている。また、他のライターや演者はコロナの影響を受けたせいなのか、P業界以外の(競馬やボートレース)ジャンルに参入しているようだ。
友だち追加

緊急事態宣言をうけて、パチンコ・スロットライターや演者の動きが変わってきている。兎味ペロリナさんや、島田日直さんは取材・イベント時にコロナ対策を反映させて活動をしている。また、他のライターや演者はコロナの影響を受けたせいなのか、P業界以外の(競馬やボートレース)ジャンルに参入しているようだ。

兎味ペロリナさんは、密になることでお客様におこる感染リスクを減らすため来店収録を自粛されているという。

島田日直さんは事前告知はせず、ホールでは声を出さずに収録するという。

※「スロパチステーション」と「でちゃう!PLUSは通常運転の模様
https://777.slopachi-station.com/report_schedule/
https://www.dechau.com/

このように撮影での感染リスクを考え自主的に対策を行っている演者の方がいるようだ。
これとは異なり昨今見受けられる事象としてはライターや演者がパチンコやスロットだけではなく、他のジャンル(主に競馬やボートレース)でも活躍するようになったことだ。

このライターや演者が二足の草鞋を履くような現象はコロナ禍になってから増えたような気がする。

また、フェアリンさんのようにファッション業界に参入するパターンもある。

コロナ感染リスクを考慮した撮影やイベントの対応をして業界をクリーンにしたり、正直何足の草鞋を履いて頂いてもかまわないので、彼らにはP業界を忘れることなく業界を盛り上げて頂きたい。

【参照】

兎味ペロリナさん、緊急事態宣言延長で来店収録の自粛の申し出も延長する模様

日直島田さん、緊急事態宣言が解除されてないがホールでの収録の再開する模様…

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.