ゆるっとPSにゅーす

【考察】3度目の緊急事態宣言 パチンコ店はどうなるのか

投稿日:

東京都の小池知事は緊急事態宣言を大型連休中の4月29日~5月9日とするよう政府に求めているという。

ネットではこの政策に対し「GW潰し」などと揶揄している。

パチンコ店に対し政府は休業を要請してくるのかはまだ不明だが、テレビ朝日の報道によれば、昨年4月の緊急事態宣言時を鑑みるとその可能性はあるようだ。

東京都としてはより強い措置で人の流れを止める必要があると考えています。再び緊急事態宣言が出されるとなれば現在、飲食店などに対して行っている時短要請に加え、他の業種に対して休業要請を行うことも視野に検討が進められています。

1回目の緊急事態宣言の時にはパチンコ店や商業施設など幅広い業種に休業要請も掛けられましたが、東京都としてはこうした遊興施設などについて休業要請を掛けたいという考えで議論が進められているようです。

「まん延防止」も人出減らず 東京“強い措置”で…

毎日新聞によれば、人の流れを抑えるため、大型商業施設への休業要請を検討しているとのことで、前例から考えると一回目の緊急事態宣言のようにパチンコ店も商業施設とともに休業要請の対象になってしまうかもしれない。

【参考】
東京都緊急事態宣言、4月29日~5月9日で調整 小池知事

大阪府では発令される緊急事態宣言に対し日本百貨店協会が感染対策や感染事例がないことをアピールし営業継続を要請している。同じくパチンコ店もクラスターが発生したという事例はない。

もし休業を要請した場合、協力金を支払うことを検討しているとのことだが、今の政府にカバーできるだけの財力があるのかは疑問である。

【参考】
百貨店が営業継続を要請 「感染事例ない」と訴え

【その他のPSニュース】

P業界のニュースと読み物

【パチンコ・スロット用語一覧】

パチンコ・パチスロ辞典

【その他の初打ちまとめ】

パチンコ・パチスロユーザーの感想まとめ

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.