ゆるっとPSにゅーす

総付景品のルール、結構面倒くさいって知ってる?

投稿日:

パチンコホールのSNSやチラシでよく目にする「総付景品(そうづけけいひん)」。
ご存じの方も多いと思いますが、これは来店されたお客様に配る商品のことを言います。メジャーどころで言うと、ペットボトルのお茶とか、お菓子、ティッシュがそれにあたります。

この総付景品ですが、ただお客様に配ればいいってものじゃなく、結構面倒くさいルールがあるってご存知でしょうか?

配布のルール

まず、総付景品を配布するのは「月1回」とされていますが、飴“単体”や、ポケットティッシュ、マスク、うちわなどは「毎日」配布してもいいとされています。

毎日配ってもいい商品はさておき、月一回しか配布できない商品は慎重に選びたいところ。

お客様に少しでもお得感を味わってもらい、リピートしてもらえるような商品を考えるのも営業戦略の一つといっていいでしょう。

ちなみに「正月三が日」は連日配布してもいいとされています。

商品のルール

総付景品は何を配布してもいいわけではなく、市場価格で200円以下のものしか配布してはいけないというルールがあります。(※ディスカウント価格が200円以下は不可)

オリジナルの商品を配布しているホールもあるかと思いますが、この場合も類似品の価格を踏まえて設定しなければなりません。

では、200円以下なら何でもいいかと言えば、そうでもなく、菓子パンはNGとなっています。

配布対象のルール

総付景品を配布する人は「来店したお客さま全員」でなければなりません。
「○○様限定」など人数を限定したり、出玉数に応じたり、商品交換券を持っている人だけに配布することはできません。

同じお客様に配布するのは1日に1回と決められているため、配布する際は注意が必要です。

また、景品カウンターで配布することもNGとされているので、景品カウンター以外でお客様の目に入りやすい場所を考える必要があります。

 

総付景品は景品表示法(景表法)で定められており、違反すると消費者庁などから措置命令を受けたり、課徴金の納付が命じられたりします。
でもパチンコホール的に一番痛いのが「イメージダウン」なのではないでしょうか?

地域貢献や社会福祉活動などをして、パチンコ業界の地位があがりつつあるパチンコ業界の足かせにならないよう、もう一度ルールを確認し、クリーンな業界を目指したいところです。

【参考】
「改訂第4版 よくわかる 店長のための風適法入門」

【その他のPSニュース】

P業界のニュースと読み物

【パチンコ・スロット用語一覧】

パチンコ・パチスロ辞典

【その他の初打ちまとめ】

パチンコ・パチスロユーザーの感想まとめ

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2022 All Rights Reserved.