ゆるっとPSにゅーす

殺人罪に問われる可能性も なくならない車内放置

投稿日:2020年11月27日 更新日:

2020年11月20日、5歳と3歳の子供が、2020年11月24日には犬が車内放置されていることが判明した。マルハンは車内放置に関し何度も注意喚起を促しているが、未だなくならないのが現実である。
友だち追加

パチンコホールの駐車場で車内放置があった。

マルハンの店舗では3歳と5歳の子供が、そのほかのパチンコホールでは、犬が放置されていた。

幸いにも男児2名と犬は無事救出された。

マルハンでは車内放置を撲滅するため、「毎日開店~閉店まで駐車場巡回」を行っているとのこと。

だが、策を講じてはいるものの、このような車内放置が無くならないのが現状である。

なにか抜本的な見直しが必要なのかもしれない。

なお、車内放置をした場合、「保護責任者遺棄致死罪(刑法218条、219条)」、死んでしまうかもしれないと思いながら放置した場合は「殺人罪(刑法199条)」に問われることがある。

「保護責任者遺棄致死罪」の場合は、2年以上の有期懲役が、「殺人罪」の場合は死刑又は無期若しくは5年以上の懲役が科せられるが、この量刑は正しいのか、という疑念は拭えない。

【関連記事】

車内放置

【参照】

【怒報】車内放置されてるワンコがまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまーた発見される

【悲報】マルハン「子どもの車内放置は絶対やめてください!」11月22日に5歳と3歳の子供を車内放置したバカ親がいたらしい

車に置き去り、2児が熱中症死 放置した母親は殺人罪に問われないの?

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.