ゆるっとPSにゅーす

なんとなく分かってくる『計数』学習帳~「玉(メダル)粗利」「台粗利」編~

投稿日:

“なんとなく分かってくる『計数』学習帳”、今回は【玉粗利・コイン粗利&台粗利】について。

【玉粗利・コイン粗利】とは1玉(1枚)あたりの粗利益を表す数値となっていて、お客様が1玉(1枚)打ち込んだ時の消費金額となっています。

そして【台粗利】とは1台あたりの粗利益のことを言います。

この2つの計数の計算式は、このようになります。

【玉粗利・コイン粗利】

玉粗利(コイン粗利)=粗利益÷アウト

【台粗利】

台粗利=玉粗利(コイン粗利)×アウト

玉粗利・コイン粗利とアウトのバランスが重要

店舗の営業を行う上で【玉粗利・メダル粗利】とアウトのバランスがとても重要になってきます。

アウトが同じであれば【玉粗利・メダル粗利】が高くなるほど台粗利は増えることに。

なので利益を増やしたければ【玉粗利・メダル粗利】を高くする必要があるのです。

玉粗利やメダル粗利が高いと利益が減る

しかし【玉粗利・メダル粗利】が高すぎてしまうとお客様の負担が増え、逆にアウトが減ってしまいます。

分かりやすく言うと、お客様の投資が増えすぎてしまって、お客様が遊技を止めてしまう、ということです。

このように利益を求め【玉粗利・メダル粗利】を高くし過ぎると逆に利益が減ってしまう恐れがあります。

 

店舗は【玉粗利・メダル粗利】とアウトのバランスを考え、新台入替や、授業員の接客を向上させるなど、例え玉粗利が高くなりアウトが多くなったとしても、お客様に心地のよい空間を提供できるような運営を心掛けてゆかなければならない、と考えていかなければならないのかもしれません。

【なんとなく分かってくる『計数』学習帳記事一覧】

なんとなく分かってくる『計数』学習帳記事一覧

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.