ゆるっとPSにゅーす

なんとなく分かってくる『計数』学習帳~「BO」編~

投稿日:

“なんとなく分かってくる『計数』学習帳”、今回は「BO」について。
この計数ですが、初当たりやボーナスをGETするまでにお客様が投資した玉やメダルのことを言います。

まずは【BO】を算出する方程式ですが…

【パチンコの場合】

BO=TS÷スタート×100

簡単に言うと…

BO=特賞確率÷図柄の変動回数×100
※単位は個です
※『スタート』は1分間あたりの図柄の回転数
※『100』は1分間に打ち込める最大の玉の数

【スロットの場合】

BO=ボーナス確率の分母×3

パチンコにおける『BO』とは?

パチンコの「BO」とは大当たりなどの「特賞」を獲得するまでの玉の数、つまり通常時にお客様が打ち込んだ玉の数です。(別名『特賞間アウト』といいます。)
例えば大当たり確率1/199.8の『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』で、1分間に10回回った場合…
BO=200÷10×100=2,000となり、特賞(大当たりなど)まで2,000個打ち込んだことになります。
※分かりやすいように199.8を200と表記しております。

また、BOを知ることで特賞(大当たり)を引くまでの時間も計算することができます
先程のシンフォギアの台であれば…
2,000÷100=20となり、20分で特賞(大当たり)を獲得したことになります。

スロットにおける『BO』とは?

スロットもパチンコと同様、ボーナスが1回発生するまでに(=通常時)お客様が打ち込んだメダルの数のことを言います。
パチンコとは違い、スロットはメダル3枚で必ず1回転するので、ボーナス確率分母に3を掛ければ『BO』を算出することができます。

例えばボーナス確率が1/250の機種の場合、確率分母は250なのでBOは…
250×3=750
となり、ボーナスを獲得するまでに750枚使った、ということになります。

 

お客様にとって「BO」の数値が高いことは投資がかさむことに繋がると推測できます。
スロットもパチンコも「BO」を鑑みながらメリハリのある設定をいれてゆく必要があるかもしれません。

【なんとなく分かってくる『計数』学習帳記事一覧】

なんとなく分かってくる『計数』学習帳記事一覧

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.