ゆるっとPSにゅーす

なんとなく分かってくる『計数』学習帳~「出玉率」編~

投稿日:2019年12月9日 更新日:


“なんとなく分かってくる『計数』学習帳”、今回は【出玉率】について。

この【出玉率】を算出する方程式はこのようになります。

出玉率=セーフ÷アウト×100

言い換えると

出玉率=払い出し玉数(メダル)÷打ち込んだ玉数(メダル)×100

※単位は%です。

※この出玉率はパチンコもスロットも同じ計算式となります。
※ここではスロットの払い出し枚数のことを「セーフ」、お客様が打ち込んだ枚数のことを「アウト」とします。

特賞中(大当たり、時短、ボーナス中など)の出玉率はどうなる?

通常時以外(ボーナスや確変、時短等)は、アウトよりもセーフの数値が高くなる、つまり打ち込んだ玉やメダルよりも払い出される玉やメダルの方が多いので、【出玉率】は高くなり、100%を超えます。

当然ですが、この場合お客様の出玉やメダルは増えます。

出玉率が100%を切ると…

先程の例とは逆で、大当たりやボーナスを引けなかった時は玉やメダルは減りますよね? なのでアウトよりもセーフの数値が低くなるので【出玉率】は100%より低くなります。

「アウト=セーフ」の場合、【出玉率】は100%となりますが、「アウト>セーフ」の時は【出玉率】が100%を切っているので、お客様のメダルは減り、逆に「アウト<セーフ」の場合は100%を超えお客様のメダルや玉は増えます。

ちなみに、パチスロで言う「機械割」とはこの【出玉率】のことを指しています。

 

【出玉率】が低い状態が続くと稼働が低下することも考えられるので、お客様の負担になりすぎない数値が求められる計数の一つです。

【関連記事】

「差玉」がプラスだと黒字? 店長が使う「計数」って何?

【なんとなく分かってくる『計数』学習帳記事一覧】

なんとなく分かってくる『計数』学習帳記事一覧

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos(パチロゴス) , 2022 All Rights Reserved.