ゆるっとPSにゅーす

パチンコ店の新型コロナウイルス感染症対策にクレームか?

投稿日:

2021年9月17日、全日遊連の阿部理事賞は遊技業界の新型コロナウイルス感染症対策に対しユーザーから厳しい声が寄せられていると述べた。

指摘されているのは、マスクの着用や消毒の徹底、遊技者間の間隔についてだ。

遊技業界の新型コロナウイルス感染症対策に関し、ファンから「マスクの着用が徹底されていない」「入場時の手指消毒が徹底されていない」「開店前にできる行列について、遊技客同士の間隔を確保していない」「台間ボード等の設置がない」などの厳しい意見が寄せられている

感染防止ガイドラインを改訂、職場対策の徹底促す

また、喫煙所内での感染症対策の指摘も多数寄せられているそうだ。

阿部理事長によると、喫煙可能な空間における遊技客同士の会話や密集に起因する感染リスクの上昇を懸念する意見も多数寄せられているという。

感染防止ガイドラインを改訂、職場対策の徹底促す

パチンコ店の感染症対策は業界内外から換気設備や分煙ボードの設置、消毒など評価されている。

メダルや玉にウイルスがついていることを指摘されることもあるが、メダルや玉の洗浄をしていることや、遊技者自身が遊技をするうえで頻繁に手を洗うことから、接触することによる感染リスクは低いという見解もある。

【参考】
なぜ人々はコロナ危機の中でもパチンコ店に殺到するのか

コロナ禍で悪者扱いされがちなパチンコ業界ではあったが、今は感染リスクが低い遊技として認知される傾向にある。

「新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン」を徹底することは、お客様に安心して遊技できる環境を提供するだけでなく、パチンコ業界のイメージを変える要因の一つになるに違いない。

【その他のPSニュース】

P業界のニュースと読み物

【パチンコ・スロット用語一覧】

パチンコ・パチスロ辞典

【その他の初打ちまとめ】

パチンコ・パチスロユーザーの感想まとめ

-ゆるっとPSにゅーす

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.