ゆるっとPSにゅーす

逮捕者続出!パチンコの「くぎ曲げ」や「釘学校」の何が悪いの?

投稿日:2022年11月25日 更新日:

最近話題になった「くぎ曲げ」で逮捕……というニュースですが、違和感を持った人もいるのではないでしょうか?

パチプロ(専業)や、なんなら一昔のパチンコライターなんて普通に「釘が甘い、辛い」なんて言ってましたし、ボーダー理論も成立しませんし、釘師なんて職業もありましたから「釘は曲げて当然」と思ってしまうのも無理はありません。

ですが、「くぎ曲げ」(パチンコの釘を曲げること)は列記とした犯罪なのです。

パチンコ店の店長らが「くぎ曲げ」で逮捕

くぎ曲げ

※この写真のニュースは記事の最後にあります。

くぎを違法に曲げた疑いで書類送検「27年前から行われていた」|関西テレビNEWS

2022年11日9日、「くぎ曲げ」(釘曲げ)をしたとして、パ京都市南区のパチンコ店を経営する会社「ナカサン」と社長らが風営法違反(風適法違反)で逮捕されました。

5月に「くぎ曲げが行われている」という通報をうけ、事件が発覚したと言います。

調べによれば店長が入社した2009年からの27年間パチンコ台の「くぎ曲げ」は行われていたそうなので、犯罪だと知りながら……というより、社長はともかく店長や従業員にとってみれば通常業務ぐらいの感覚だったのかもしれません。

不正なパチンコ台「くぎ曲げ」で社長らが逮捕|読売新聞

「釘学校」!?社長らを逮捕

「アポロ泉」パチンコ台のくぎを違法に調整した疑いで店長ら書類送検|khb東日本放送

2022年11月7日、「くぎ曲げ」をしたとして仙台市泉区のパチンコ店の「アポロ泉」の運営会社と社長ら4人が逮捕されました。

4人は4月上旬から5月中旬までの間、85台の「くぎ曲げ」をした疑いが持たれています。

この「アポロの泉」の授業員に「くぎ曲げ」を教えたとして、東京都台東区にある「くぎの学校(釘学校)」(グランドライン)の社長ら2人を逮捕しました。

「くぎの学校」での講習の内容は、釘を不正に曲げて玉が出る確率を変えるというもので、2011年頃からのべ2000人がその講習を受けていたといいます。

パチンコの「釘学校」を全国初摘発 延べ2千人に「釘曲げ」講習か|朝日新聞

「くぎ曲げ」で逮捕される理由

「くぎ曲げ」で逮捕される理由を一言でいうと「風営法(風適法)に違反するから」。

風営法で、パチンコの釘は「おおむね垂直に打ち込まれている」ことが義務付けられており、導入される台は「おおむね垂直」であるはずで、そうでないと設置できないのです。

パチンコ釘は、風営法の関連規則において、盤面に対して「おおむね垂直に打ち込まれている」ことが義務付けられています。もっといえば世のパチンコ店に設置されているパチンコ機は、各釘が「おおむね垂直」に打ち込まれている前提で機器性能の試験を受け、同じ型式で生産されている機器はおおむね同一性能を保持しているものとして、各パチンコ店への設置許可が行われているものです。

お店の判断で勝手に「メンテナンス」をしてしまうと、管轄する警察署に無許可で台を改造することになるので、風営法違反になり、逮捕……下手をすれば営業停止となってしまいます。

「メンテナンス」と称してハンマーで叩くなどの手段で曲げる行為が数十年に亘って蔓延してきました。これら「釘曲げ」と呼ばれる行為は、本来あるべき形のパチンコ機を無許可で改造するという風営法上の重篤な違反行為であるのですが、業界内では当たり前の営業行為の一部として長らく存在してきたのが実態です。

また、パチンコは「遊技」なのでストロークを調整するなどの「技術」で勝敗が決るはずですが、「くぎ曲げ」によって勝敗が決まってしまうのであれば、技術ではなく、メンテナンスの状態がいい台に座れたか否か(その日の運など)で勝敗が決まってしまうので、賭博となり刑法違反で、逮捕というケースもあります。

そもそも我が国の刑法は原則的に賭博を違法としているワケですが、パチンコはその刑法が定める「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない」という例外規定の範疇で、日本社会に存在することが許されている「娯楽業」です。
(中略)
釘曲げを行っている主体は、この公的に認証されたパチンコ機のギャンブル性を不正に高める為、多くの場合は「小当たり」用の入賞口の真上にある釘間を狭くし、一方で「大当たり」用の入賞口の真上にある釘間を広くするなどの変更を行います。これにより、当該パチンコ機はプレイヤーにとってより「当たり外れ」がハッキリと出る状態、すなわちギャンブル性の高い状態となる。繰り返しになりますが、これは風営法上における明確かつ重篤な法令違反行為であります。

「パチンコ釘問題」を世界で最も判り易く説明してみる|Yahoo!ニュース

過去にあった「くぎ曲げ」事件

「くぎ曲げ」事件は先程ご紹介した2件以外にも起こっており、なくならない犯罪の一つだったりします。これからご紹介するのは過去の事例ですが、氷山の一角かもしれません……

「くぎ曲げ」と「自家買い」で「DAMZ」社長らが逮捕

2022年10月26日、パチンコ店「DAMZ」の社長ら4人が「自家買い」と「くぎ曲げ」の容疑で逮捕されました。匿名による「くぎ曲げ」の通報を受け調査をしていたところ「自家買い」も発覚し3店舗の「自家買い」が発覚したといいます(計3店舗)。

くぎ曲げと景品買取の疑いで「DAMZ」社長ら逮捕|遊技通信

全台を「くぎ曲げ」か?

2017年3月17日、店に設置してある約150台のほぼ全てのパチンコ台の「くぎ曲げ」をしていたとして滋賀県にあるパチンコ店の経営者が逮捕されました。

くぎ曲げで滋賀のホール経営者書類送検|グリーンべると

釘幅を9ミリに!パチンコ玉の直径は11ミリ…

2008年3月26日、熊本のパチンコ店の店長と従業員が「くぎ曲げ」で逮捕されました。二人は2007年の11月から設置してある254台(320台中)のパチンコ台ヘソ以外の入賞口の釘の幅を9ミリに縮めていたとのことです。ちなみにパチンコ玉は11ミリです……

熊本のパーラーが「くぎ曲げ」で書類送検|グリーンべると

入賞口に玉が入らない不思議なパチンコ店

2007年6月7日、「くぎ曲げ」をしたとしてパチンコ店の店長が逮捕されたと毎日新聞が報じました。「くぎ曲げ」による摘発はこの事件が初めてだったといいます。

「くぎ曲げ」をしたのは店内に設置してあるパチンコ台180台のうち62台で、県警の立入検査で発覚したそうです。

「くぎ曲げ」で埼玉のパーラー店長が書類送検|グリーンべると

警察来店イベント!?


パチンコ業界関係者によれば、北海道で、道警主導で新装開店日に立入検査を行ったという情報があるようです。

これを機に北海道だけでなく全国の「くぎ曲げ」の取締りが強化されるのでは、と話題になっています。

「くぎ曲げ」事件により全国での釘点検活発化か|フィールド・サービス

「くぎ曲げ」の取り締まりをすることで、パチンコユーザーは妙な勘ぐりをすることなく、安心して遊技することができるようになるので、稼働が増え、パチンコ業界の景気が改善する……なんて展開も期待できるのではないでしょうか。

【関連記事】
▶“くぎ曲げ”だけでなく“自家買い”も!? パチンコ業者ら10名を逮捕
逮捕案件?パチンコ店の「自家買い」事件まとめ
「風適法(風営法)」て? 射幸心って?

友だち追加

 



【その他のPSニュース】

P業界のニュースと読み物

【パチンコ・パチスロ用語一覧】

パチンコ・パチスロ辞典

【その他の初打ちまとめ】

パチンコ・パチスロユーザーの感想まとめ

-ゆるっとPSにゅーす
-, ,

Copyright© Pachi-Logos(パチロゴス) , 2022 All Rights Reserved.