パチンコホール用語 用語辞典

時間粗利

投稿日:2021年5月24日 更新日:

じかんあらり

一人のお客様が一時間に使う平均金額のこと

パチンコとスロットで計算式が異なるので注意。

【パチンコの場合】

<公式>

時間粗利=玉粗利×6000

※「6000」の意味
パチンコ玉は1分間に最大で100玉発射することができるため、一時間に換算すると最大6000玉という事になる

【スロットの場合】

時間粗利=コイン粗利×2000

※「2000」の意味
スロットの場合1ゲーム当たりのウエイト時間は約4.1秒。なので1分間で遊技できるゲーム数は、【60÷4.1=14.6】。

しかしメダルを投入する時間等を加算すると、1分間に遊技できるゲーム数は約11ゲームと言われている。

そこからスロットの時間粗利を算出するので…

11(ゲーム)×3(枚)×60(分)=1980枚

となり公式では、約2000という数値を用いている。

【関連用語】

台粗利 玉粗利 コイン粗利

-パチンコホール用語, 用語辞典

Copyright© Pachi-Logos , 2021 All Rights Reserved.